地球温暖化が原因と思われる世界の自然災害について

地球温暖化が原因と思われる世界の自然災害について

このまま地球温暖化が進んでしまいますと、様々な自然災害が起きると考えられています。地球温暖化というのは気温が上昇するというイメージを持っている人が沢山いらっしゃるでしょう。確かに間違ったことではありません。ですが、地球温暖化が進むと日本の冬は今までよりも寒くなるという見解もあります。昔と比べると日本の冬は寒波に見舞われることが多くなっているのです。これも地球温暖化が影響していることが大きいと考えられています。

低気圧のルートが変化していることが要因です。北極の氷の面積が減少してしまい、シベリア沿岸部の移動する低気圧のルートが変化するということが明らかになっています。北極の氷が溶ければ溶けるほど、低気圧のルートというのは変更してしまう可能性が高くなるということです。ルートが変化してしまうことで、強い寒気が日本に来てしまい、寒い冬を過ごしていかなければいけないという事態に陥ってしまいます。

それだけではなく、台風や豪雨などが増える可能性も高いです。地球温暖化になるにつれて、様々な異常気象を引き起こすとも考えられています。昨今の日本では、台風や豪雨による水害が増えてしまっています。異常な猛暑、厳しい寒波などは異常気象が原因であるとも言えるでしょう。日本では数年間の豪雨発生数に関しては増加傾向にあります。豪雨というのは「日降水量100mm〜200mm以上」です。1日に降る雨の量が多ければ多いほど豪雨になると考えておくと良いです。特に6〜9月に降る雨の量に関しては増加する可能性は増すと言われています。

地球温暖化によって熱帯低気圧が増加していると考えられています。1970年以降は増加傾向にあるのは確かです。台風になってしまうのは、この熱帯低気圧が原因であるということを知っているでしょうか。熱帯低気圧が発達してしまうと、台風になってしまい日本に災害を引き起こしてしまいます。災害を避けるためにも、1日でも早い地球温暖化解決が望まれます。