地球温暖化はいつ頃始まったのか?

地球温暖化はいつ頃始まったのか?


地球温暖化がこのまま進んでしまいますと、日本はいずれ水没してしまう恐れがあります。水没しないまでも、今まで住むことが出来ていた地域が海に沈んでしまう可能性があるのです。だからこそ、地球温暖化を改善させなければいけません。

地球温暖化が進んできたのは、はるか昔からというわけではありません。地球温暖化が進行してきてしまったのは20世紀後半からになります。科学が進歩してきた20世紀後半から、地球の温暖化が進んできているのです。

地球というのは温暖化、寒冷化を何度も繰り返してきています。それを繰り返しているのが地球の歴史でもあると言えるでしょう。ですが、今現在の温暖化というのは地球そのものが温暖化しているわけではありません。人為的に温暖化してきてしまっているのが問題となっているのです。

地球が温暖化してきているのがわかったのは1970年台のことです。その頃は地球は温暖化しているのではなく、寒冷化していると考えられていました。そこで地球が寒冷化しているのかを調べた所、その逆に温暖化していることが分かったのです。1988年には異常に暑くなってしまっているのは、地球温暖化が原因であるというのが99%の確率で正しいという発言も出ています。昔に比べると日本の夏が暑くなったと感じられている方は決して間違っていないということです。

温室効果ガスの削減は日本だけではなく、世界的な目標となっています。地球の環境を守るというのは日本だけが意識しても意味がありません。地球から考えて、日本だけが地球温暖化を阻止しようとしても大した効果を得ることが出来ないでしょう。だからこそ、世界的な目標として掲げられているのです。1992年に開催された地球サミットでは、温室効果ガスの削減を世界的な課題として議論することが決まっています。2050年には温室効果ガスの排出を半分にすることが目標となっています。日本でも様々な取り組みがされており、エコカーなどはまさに地球温暖化の為に取り組まれていることの一つです。