地球温暖化について

地球温暖化とは?

地球温暖化。この言葉を頻繁に耳にする機会が増えてきています。昔と比べて夏が暑くなっているように感じられる人も多いのではないでしょうか。それは地球温暖化が大きく影響してきています。地球温暖化は今では、世界的に改善していかなければいけない事案であると言えるでしょう。

それではどうして地球温暖化になってしまっているのかご存知でしょうか。地球温暖化の原因というのは、温室効果ガスの増加です。化石燃料などを大量に使用してしまうと、温室効果ガスが排出されてしまいます。その温室効果ガスが現任で地球の大気が、温室化してしまい地球の気温が上昇してしまうのです。地球の気温が上昇してしまうだけではなく、水温なども上昇してしまいます。北極の氷が溶けてきてしまっているなどのニュースを耳にしたことがあると思いますが、これも地球恩高によって水温が上昇しているのが原因です。

大気に放出されている二酸化炭素をどうにかしなければ地球温暖化を止めることは出来ません。二酸化炭素というのは、人間が呼吸するだけで排出されてしまいます。人間が出す二酸化炭素程度であれば問題ないのですが、それ以外にも石油などの化石燃料を燃焼した時にも二酸化炭素は排出されてしまいます。これが大きな問題となっています。自動車などを毎日のように利用されているという方は、二酸化炭素を排出されているということを理解されているでしょうか。地球温暖化が進んでいるのは、人為的なことによるものが大きいと考えられています。それ以外にも太陽活動が低下しているということも挙げられていますが、二酸化炭素の量が増加していることの方が問題として取り上げられています。

地球温暖化がこのまま進んでしまいますとどうなるのか…先ず上げられるのは海面上昇問題です。北極の氷などが溶けてしまいますと、必然的に海水の量が増えて界面が上昇してしまいます。日本は島国になりますので、水没してしまう恐れもあるほどです。だからこそ、少しでも地球温暖化を改善していくために取り組んでいかなければいけないのです。

PS.世界中で起こっている地球温暖化による深刻な被害については地球温暖化まるわかりをご覧ください。